地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
3日前に宮崎空港経由で延岡に戻った時の熱帯地方のスコールを連想させるような豪雨が嘘のような好天の空の下、美しい日本列島を眼下に見ながら南から東京に向け北上しています。まるで今、我々が直面している国難が存在していないかのようです。42年の長きに亘ってリビアを治めた(支配した)カダフイに悲惨な最後を迎えさせた中東・北アフリカのジャスミン革命、ギリシャを震源として欧州だけでなく世界規模で経済を揺さぶっている新たな金融危機、タイの水害、トルコで起こった地震等々、人間世界の問題が惑星地球にとってはその一部に過ぎない事、我々人類は自然を含め地球の他の構成要素と共存しなければならない事を身をもって学びつつあります。
そんな中、経済面で大きな問題になっているのは、通貨市場でのドルを始めとする他国通貨の円に対しての安値圏での動き、20年以上も続いているデフレ状態、地方経済の低迷。

ここで富士山を遠くに見ながら搭乗機は靄のかかった東京に向かって降下を始めました。(電源オフ)

錯綜した経済問題を総体的に論じるのは専門家に任せて、ここでは日本の1989年のバブル崩壊に端を発する不良債権問題、2008年リーマンショックに象徴されるアメリカの不良債権問題、そして今欧州だけでなく世界を震撼させているギリシャ国債による信用危機(不良債権)、前二回の危機を乗り切る為に金融機関への公的資金注入が行われ金融機関は危機を乗り切り経済破綻を回避したように思われ、今回の危機でも同様の対策が講じられようとしている。果たして公的資金で金融機関の資本増強する事が適切な解決策なのか?
確かに短期的な経済の破綻は回避?しているとは思うが、国民の浄財である税金を使って金融機関の破綻を回避する事だけが不良債権問題の解決策なのか?日本、アメリカの経験を踏まえて欧州金融危機に対応すべきではないでしょうか。アジア通貨危機の中でI M F やアメリカに批判されながらも資金移動に規制の網をかけて崩壊の瀬戸際にあったアジア経済を救った事を教訓とすべきではないでしょうか。公的資金注入で問題を作った金融機関は元気を取り戻し公的資金を返還して再び金融商品を作り販売して利益を上げる。今回のギリシャ危機でも再度同じ対応策で問題解決を目指している。
規制緩和の名の下に無節操な程大量の金融派生商品を行き場の無い過剰流動性(資金)の受け皿として売り出し、破綻して次の危機を作る。そろそろワンパターンの対応策から卒業すべきではないでしょうか?
製造業の世界では時として厳格過ぎる程のP L 法が適応される。そろそろ金融の世界でも想定外という責任回避の言葉ではなくP L 法的なアプローチも取り入れられるべきではないでしょうか?(暴論と言われるかも知れないが
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2011-10-24 23:06
今日から12月9日まで51日間の予定で国会が始まった。第三次補正予算を成立させ東日本大震災の復興を一日も早く軌道にのせなければならない。昨年の口蹄疫の発生時にも言われた事だが、復興とは単に以前の状態に戻すだけではない。東北地方も日本の他の地域と同じような過疎化、雇用機会の絶対的な不足、シャッターストリート化などの問題を抱えていた。地震と津波ですべてが失われた地域では潜在的な問題が顕在化した。復興は被災前の状態に戻す事ではない。新しい地方の暮らしを便利(環境との調和やエコのコンセプトをカタチにする)にする事でもなければならない。その為の方向性を一日も早く実現する為に予算審議を早く行う必要がある。今国会では他にもTPPや税と社会保障の一体化、郵政改革法案、選挙制度改革など難問が山積している。お互いの足の引っ張り合いではなく、建設的国会審議を行いたいと思っている。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2011-10-20 23:37

お祝い事とTPP

久し振りに希望と元気を体感する機会がありました。結婚披露宴に出席させて頂きました。新郎の父上とは中学校以来親しくお付き合いさせて頂いています。母上とも高校で同級生でした。だから招待状を頂いたのでしょうが、新郎御本人とも宮崎で国際交流活動をしている時に知り合いました。親友の息子さんとは全く知らずお付き合いをし始めましたが、お互いに余り多い姓ではないので、世の中の狭さを感じた事を覚えています。
当時大学生であった彼は何事にも前向きに真面目に取り組む方でした。学ぶ事は当然、私生活でも彼の生きる姿勢には驚嘆させられました。エピソードを一つ、私達が高校時代のクラス会を開いた時、息子である彼が親父が来れないので代わりに来ましたと言って参加しました。30歳以上も歳の差があるおじさん達を相手に酒の席を盛り上げて呉れました。一次会で帰るだろうと思っていましたが、カラオケを含め二次会、三次会までもおじさん達の相手をして呉れました。別れ際にはおじさん達から次回から親父さんは来なくても貴方が来なさいと誘われていました。
今の日本社会の特徴の一つに各世代が同世代の人達としか付き合いが殆どない事があります。海外でも同じような傾向はありますが、日本ではそれがより顕著です。異世代間の交流が一人一人の生活をより豊かにするのではないでしょうか?私は今にしてそう思いますが、彼は学生時代からそれが分かっているかのようでした。
また、学生時代に上海に留学した彼は学長をもビックリさせるような事を企画・実行しようとしたらしいのですが、これには触れません。
一昨年、時代を象徴する優良企業に就職した彼ですが、今は転職し北京で頑張っています。
素晴らしい資質と可能性を秘めた彼の心を射止めた女性は?とワクワクしながら披露宴に出席しました。披露宴の会場で御一緒しただけですが、新婦も新郎同様素晴らしい方である事はしっかり感じ取るが出来ました。若い二人が強い絆で結ばれているのを感じ、彼らのような能動的な、国際感覚に優れ、外国語にも堪能な若い人達がいる限り日本も捨てたものではないと元気になりました。
さて、今一つ気になる事があります。昨年菅総理が平成の開国と唐突にTPP参加を言われたのですが、来月のAPECホノルル総会を前に野田総理も前向きに検討を進めるとの姿勢を明確にされている。TPPはアメリカが頼みにした小泉政権で出来なかった日本のアメリカ化の仕上げの戦略である。メディアは農業部門がTPPに反対して製造業が韓国や中国など新興国に負けてしまうような論調一色になっている。アジアの成長を取り込む事が日本に残された道である。本当にそうでしょうか?TPPに参加しているアジア諸国はシンガポール、マレーシア、ベトナムだけであり、市場規模の大きい中国、インドネシアなどは入っていない。ましてインド、中東諸国はTPPは将来どう関係して来るのか?数日前日米韓FTA締結をNHKを始めメディアは日本の製造業の終わりのような伝え方をしていた。国民の不安を煽る報道姿勢には、一体どの国の利益を代表しているのかと思いたくなる。
今、日本の製造業が苦労しているのは、円高だからではない、ドル安、ウォン安の為替政策によるものである。関税率が輸出競争力を弱めるという議論がある。正しい答えの一つに過ぎない。為替の動きの方が影響が大きい事を誰もが知っているのに誰も口にしない。GMが倒産した時、アメリカは製造業の再建を決意した。一次産業と金融・情報・サービスなどの三次産業ではアメリカの立場は絶対優位である。これらの産業では参入障壁を取り除けば勝負あったとなる。日本の強い二次産業は為替の水準を調整すれば日本国外では何とかなる。工場は技術面での優位を確保出来なくなったらコストのかからない海外の途上国へ移転するのが必然である事はアメリカの製造業の盛衰をみれば分かるはずだ。我々が守るべきは日本の地でしか出来ない産業・企業であり、地域社会である。国内で優れた技術、職人を抱え努力し続けている企業であり、そういう人達である。
私はアメリカで勉強し、アメリカの金融機関で仕事もした。アメリカは素晴らしい国だし、学ぶべき事の多い国だ。しかし、ブッシュジュニアがアメリカを変質させた事も忘れるべきではない。何事も力付くで片付ける風潮を助長した。今、アメリカ発で世界中に拡がりつつある動き、アメリカが正義であり、アメリカ一極で世界を動かす時代は変わりつつある。金融が世界を制する時代は終わりつつある。
更にアメリカは普天間問題も絡めて来た。財政赤字の増大でアメリカ国内では海外駐留アメリカ軍の削減を求める声が議会や国民の間で拡がりつつある。早く日本に決断させようという腹なのであろう。
慌てる必要は全くない。TPPに今入らないからと言って、日本が失うものは多くないであろう。今入って得るものは何か?参加推進論者はそれを明確にする必要がある。推進論を展開する何たら大学の先生方の前職が何であるかを彼らに発言させるメディアは聴取者に伝えるべきである。外交能力不足の日本が最初から参加しても日本のルールを盛り込む事など出来ない事を私達は知っている。
TPPは平成の日米修好通商条約になる可能性さえある。急がずしっかり考えて我々と我が祖国の有り様を決めようではありませんか!我々は1989年のバブル崩壊以降、既に20年以上も借金が700兆円も増えたのに成長の無い時代を生きているですから、、、
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2011-10-17 22:50

Steve Jobs逝く

私達の生活に革命的な変化をもたらした天才Steve Jobsが歴史に進化した。ガレージでコンピューターを作り出した話しはあまりにも有名だ。Appleマック、ipod、iphone、ipadと続けさまに日常生活の中に情報をコンパクトに持ち込んでくれた。貪欲なまでに完璧を求め、固定観念に囚われない姿勢を持ち続け、夢をカタチにしてくれた。Steve Jobsなくとも、彼が届けてくれたApple DNAは我々の生活の中に埋め込まれ、停止する事の無い進化を生み出すと確信している。安らかに、Sayonara Steve Jobs.
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2011-10-06 23:29
皆さんが分からないのではありません。政治家が政治の世界を皆さんに分からないようにしたのです。自分達の既得権益を守る為に、地盤、看板、カバンが無いと当選出来ない永田町というな名の村を作ったのです。そして皆さんが政治に興味を持たないようにしたのです。参入障壁の高い競争の無い政治が政権交代前の状態です。政権交代で政権与党は変わりましたが、官僚機構を含め社会は変わっていません。皆さん、私を含め社会が変わる必要があります。民主党も当然変わる必要があります。共に社会を進化させましょう。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2011-09-30 00:03
いよいよ制御不可能な状態になりつつあります。FRBが保有している4000億ドルの短期国債を長期国債に変えると昨日発表した事を受け、世界の金融市場では同様が広がっている。アジアの株式市場も下げたが、ギリシア問題を抱える欧州の株式市場は軒並み5%程度下げている。また、ユーロ、イギリス・ポンドが円に対して最安値を更新している。先程始まったニューヨーク証券取引所でも株式は大幅な下げを記録している。原油価格も1バレルが81ドル近辺で取引されている。
世界的な景気の低迷で各国政府は低金利政策を続けるしかないが、必要以上の資金の供給は単に行き場の無い流動性を生み出すだけで現状を打破する事は出来ない。経済再生には単に資金の供給を増やすだけでは十分でない事は日本の失われた20年の財政金融政策を検証すれば明らかである。必要なのは資金を効率的に使えるような制度を作る為の構造改革と経済活動の軸足を1次産業の産業化(民主党は6次産業化と呼びます)と再生可能エネルギー部門の強化など、今までとは違った分野にシフトする事です。
そして商品市場での投機(商品デリバティブの創造を含む)を規制する必要があります。リーマンショックでアメリカの金融機関は公的な資金注入を受け、存続しました。公的な資金を使って破綻を免れましたが、資金を返済すれば再度同じ事を繰り返している。金融機関同様、S&PやMOODYSなどの格付け機関の責任も一時期問われていたが、今又、格付け機関の社会的な意味を問う声が増えつつあります。
金融主導の世界、バーチャルな産業がリアルな世界を支配する、その異常な事に現実に起こっている事が警鐘を鳴らしている。一刻も早く現実をシッカリと理解し、手を打つべきである。ペーパーマネーや情報のみで我々は生きる事は出来ない。飢えをしのぐ食料や飲料水、衣類や住居、これらを生産し供給してくれる人達の生活を破壊して我々は行き続ける事は出来ない。
規制の無い状態で天文学的な量にまで創られたデリバティブ商品、過剰流動性規制、そろそろ本気で規制すべき時ではなかろうか?
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2011-09-22 23:26

台風15号

台風15号、今日の午後浜松付近に上陸した後、東日本を縦断しています。東日本大震災を含め数々の災害に襲われている日本です。地球が活動期に入りつつあるのと、気候変動が重なって経験則や理論だけでは、予測出来ないことが起こり得るとの前提に立ち防災・減災対策を講じる必要があるのでしょう。
個人や集団、そして地域のエゴを自主的に抑えることも必要になるでしょう。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2011-09-21 23:35
今日から来年2月まで月1回の予定で民主党政治スクールが始まりました。昨年に続いての開催ですが、今年は県連青年局の主催となっています。若い皆さんに政治に関心を持って貰い、政治の改革を進める。現場の問題を適確、迅速に解決する為に行政機能を活用する能力を身に付けるべきである。その為には私自身を含め政治家自身が一層切磋琢磨しなければならない。政治家としての自覚を再度自分に突きつける。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2011-09-17 21:15

野田総理所信表明演説

天皇陛下御臨席のもと、第178回臨時国会が今日開幕しました。、「国難に立ち向かう重責を全力で果たしていく」と決意を述べ震災発生で「財政の危機レベルはさらに高まった」と厳しい現状を打開する為に、経済成長と財政再建を同時に行っていく事を強調された。
先ずは国有財産の処分や無駄の削減を行う事で財源を捻出すべきである。日本の現状を一人一人が認識し自分の出来る事をシッカリ果たしていく必要がある。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2011-09-14 00:11

明日から臨時国会

明日から臨時国会が始まります。野田総理の所信表明演説、楽しみです。
鉢呂大臣の辞任は残念ですが、当然かも知れません。シッカリ政策を実行して信頼感を得るしかありません。私は農水委員会、青少年に関する特別委員会、政治倫理審査会のメンバーとして活動する予定です。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2011-09-12 23:12