地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日、一期生87人で樽床幹事長代行に社会保障と税の一体改革の​前に衆議院比例80減をやるように要請書を提出しました。やるべ​き事を先ずやる、これをする必要があります。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2012-03-29 23:50
マスコミはTPPの実態を国民に正確に伝えようとしていないように思います。3月12日、13日と「TPPを考える国民会議」で国際シンポジウム、専門分野会議等をアメリカ、韓国、ニュージーランドから国会議員、団体、知識人の参加者も含め1000人を超える皆さんに集まって頂きました。しかし、テレビカメラは1台も入りませんでした。
13日の夜のテレビのニュースショウで司会とコメンテーターが国会はTPPを忘れてしまったようだと、勝手なコメントをしていました。私達はシッカリ議論を深めているのに、報道しないのは貴方達ではないかと、いつもの無責任なマスコミの姿勢に唯、呆れるのみです。
ある方にTPPの状況を説明しましたので、以下引用します。

①TPP に参加しても景気は良くなりません。日本の輸出減の原因は為替と消費者の嗜好
マスコミはTPP を締結すれば日本の輸出が増えて景気が良くなる、アメリカとFTA を締結した韓国との輸出競争に勝つ為には不可欠であり、日本企業の海外移転が減り雇用を守ることが出来ると伝えていますが、日本の輸出が減ったのは作られたドル安、韓国ウォン安、円高で日本製品の価格競争力がなくなったからです。
また韓国製品や台湾製品は消費者の求めているものを作り、日本製品はニーズをつかみきれず優位性が無くなってきたからです。もし日本製品が他国の追随を許さない品質を持ち消費者ニーズに応えていれば数%の関税で売れ行きが減るようなことはありません。

②TPP は単なる通商条約ではありません。
マスコミはTPP を農業を守るとか自動車等の輸出を増やすとか、あたかも経済通商条約のように伝えていますが、実はそれはTPP のほんの一部でしかありません。
アメリカ通商代表部(USTR )はTPP について内容的には米韓FTA 以上の自由化を日本に求めると言っています。
韓国外交通商部(日本の外務省に当たる)はFTA の内容を議会や国民に示さず署名したと伝えられています。3月15日に米韓FTA は発効しましたが、韓国内での抗議運動の広がりは御存知の通りです。入手した情報によれば、韓国内の条例や法律等の変更が米韓FTA に違反するから変更出来ない、韓国の保険額の引き上げをしようとしたらFTA に違反で引き上げることが出来ない、
日本と同じ国民皆保険制度が自由診療制度の導入で崩壊する懸念がある、特許の期間延長で新薬の製造が出来なくなる、病気の手術法も特許が課されてしまう等の可能性があるそうです。

TPPに参加する為には既加盟国(アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなど9ヶ国)全てから許可を得る必要があります。今のところ前述の3ヶ国は日本の加盟は認めないと言っていますので、夫々と厳しい条件交渉が予想されます。

今後とも、TPPの本質を暴いて行きます。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2012-03-18 23:05
3月11日がやって来ました。1年前の今日、午後2時46分未曾有の大地震、津波が東日本を襲いました。それに続く福島第一原発事故が起こりました。日本国民全てが大震災からの復興の為に全力で取り組んでいます。今日国立劇場で天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ追悼式が行われました。天皇陛下のお言葉からは陛下のお心が痛い程伝わりましたし、遺族代表(岩手県川口博美さん、宮城県奥田江利子さん、福島県村岡美空さん)のことばには周囲の人からすすり泣きの声が聞こえました。
死者15854人行方不明3155人を出し、今も34万人を越える方々が避難生活を強いられていている大震災からの復興なくして日本の再生はありません。国会も含め日本全体が一丸となって取り組まなければなりません。復興、日本再生の為に自分は何が出来るのか、何をしなければならないのか把握して実行する事が不可欠です。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2012-03-11 22:25

明日に備えています。

明日からの一週間に備えて準備をしています。明日は食品安全委員会プリオン専門調査会が開催される予定です。プリオンはウシのウシ海綿状脳症(BSE、狂牛病)や、ヒトのクロイツフェルト=ヤコブ病(CJD)といった種々の哺乳類に見られる多くの疾患に関与することが判っているものです。
政府はアメリカ産牛肉の月齢基準の見直しを検討しています。
明日は調査会を傍聴させていただく予定です。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2012-02-26 22:57
昨日、2月11日46回目の「建国記念日」と79回目の延岡市制施行を祝うに参加させて頂きました。今年は紀元2672年にあたります。11ヶ月前に起こった東日本大震災と福島原発事故からの復興元年の今年、日本国民の一人としての自覚を胸にシッカリと責任を果たして参ります。
日本再生には震災被災地の早期の復興だけでなく、「地方、零細・中小企業、1次産業」に政策の軸をシフトする事が必要です。円高を克服し、雇用を創ること、更に製造業の国際競争力を回復させる為にも新成長戦略を一刻とも早く具体的に実行していく事が不可欠です。

足の引っ張り合いとしか見えない混乱した国会審議を見ながら、我が国の直面している危機的状況を如何に乗り越えて気概を感じる事が出来ず、政治に際する怒りを強くしている方々がなんと多いことか。
これ以上の政治の停滞は許されません。与党としての責任を私達は果たさなければなりません。
明日から本格化する平成24年度予算審議、今一度身を引き締めて臨みます。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2012-02-12 22:45

小田ちはるさん

f0195870_22472697.jpg

昨夜友人達と延岡出身のシンガーソングライターの小田ちはるさんのライブに行きました。いつもの小田さんの透明感のある声で心はリフレッシュ!有難うございました。
また、お願いしますね!
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2012-02-09 22:47

延岡市須佐町熊野神社

f0195870_22531621.jpg

今日4日延岡市須佐町にある熊野神社で歳頂火(せとき)火祭りが行なわれました。
716年から続けられているようです。かつては旧暦1月14日に開催されていたようですが、今は旧暦1月14日に近い土曜日に行なわれいます。
井桁に組まれた大きな生木に神殿で起こした神火がつけられます。一切の厄を焼き払い健康と五穀豊穣を願うようです。竹の先に付けてこの火で焼いた餅を食べ、この火に当たると病気をせず安産になると言われているようです。
地域の文化シッカリ未来に繋ぎたいものです。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2012-02-04 22:53

代表質問終了

昨日、今日と衆議院での首相の施政方針演説に対する各党の代表質問が終わりました。来週から本格化する国会審議、政局ではなく政策論争をシッカリやります。

今日は本会議の前にRichard Baldwin教授が議員会館事務所に来られました。教授は Professor of International Economics at the Graduate Institute, Geneva since 1991, Policy Director of CEPR since 2006, Editor-in-Chief of Vox since he founded it in June 2007, and an elected Member of the Council of the European Economic Association. He was a Senior Staff Economist for the President's Council of Economic Advisors in the Bush Administration (1990-1991) following Uruguay Round, NAFTA and EAI negotiations as well as numerous US-Japan trade issues including the SII talks and the Semiconductor Agreement renewal. He was Co-managing Editor of the journal Economic Policy from 2000 to 2005, and Programme Director of CEPR’s International Trade programme from 1991 to 2001.

The author of numerous books and articles, his research interests include international trade, globalisation, regionalism, and European integration; he has worked as consultant for the numerous governments, the European Commission, OECD, World Bank, EFTA, and USAID.

実は教授とは昨日知り合いになったばかり、と言うより昨日教授の講演をお聞きし共感する点が多かったので、お願いしたら時間を取って頂けました。(関係者の皆さんに感謝です。)
昨日の講演のテーマは21世紀型地域主義の中での日本のあり方だったのですが、1時間の講演で仰ったことは私の考えていたことに多くの示唆を与えて頂きました。TPPは当初P4(シンガポール、チリ、ブルネイ、ニュージーランド)の進もうとしていた方向なら日本にも参加の意味はあるが、アメリカが入って方向性が変わったために、日本にとってもアメリカにとってもメリットはないのではないか。アメリカでもTPPについて理解している人は少ない。また、USTRは当然ではあるが日本政府との交渉よりもアメリカ議会と業界団体のことを気にしている。

教授のお話、官邸の皆さんを含め日本の多くの皆さんに聞いて頂けると良いなと思いました。
TPPの議論、日本の現状と国際経済の中での日本の立ち位置を明らかにして、国益にかなった判断を
国民の皆さんに納得して頂く方向に持って行きます。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2012-01-27 23:50

第180回国会開会

今日から通常国会が始まります。日本社会に充満している閉塞感を打破し夢を持ちその実現を目指す人を元気にするという政権交代の本質的な部分をカタチにする為に我々一年生議員が全面に出る国会にします。

昨夜の雪が残る国会議事堂が青空に映える中、天皇陛下御臨席のもと第180回通常国会の開会式が行われました。6月21日までの150日間の予定、平成24年度予算を始め色々な法案の審議が予定されています。東日本大震災からの復興に最大限のチカラを注ぐことは当然ですが、国会議員定数削減、郵政改革、公務員総経費削減、税と社会保障一体改革など疲弊した日本の社会、経済を立て直す日本再生元年とする為に国会審議を建設的且つ包括的に進める必要があります。
野田総理の施政方針演説を含む政府4演説を聴きながら、初志貫徹、何故自分が政治の世界に入ってきたのか、その気持ちを忘れずに正面から物事に取り組む決意を新たにしました。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2012-01-24 09:46

藤井裕久先生

今日は藤井裕久先生を講師にお迎えして民主党政治スクールが開催されました。社会保障と税の一体改革についての講演でした。自治体の首長さんや県議、市議の皆さん、各界のリーダーの皆さん、沢山の方々が参加されました。少子高齢化の進む中、国債の発行残は1000兆円を超える状態となっています。過去の政権が先送りして来た問題、自分達の生活に直結しているだけに、逃げる事無く正面から取り組む必要があります。国会議員の定数削減や国家公務員総経費の削減も含め我が身を律する事を先ず実行します。
日本国民としての責任を果たします。
[PR]
# by seiichiro_dokyu | 2012-01-21 23:46