地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

代表質問終了

昨日、今日と衆議院での首相の施政方針演説に対する各党の代表質問が終わりました。来週から本格化する国会審議、政局ではなく政策論争をシッカリやります。

今日は本会議の前にRichard Baldwin教授が議員会館事務所に来られました。教授は Professor of International Economics at the Graduate Institute, Geneva since 1991, Policy Director of CEPR since 2006, Editor-in-Chief of Vox since he founded it in June 2007, and an elected Member of the Council of the European Economic Association. He was a Senior Staff Economist for the President's Council of Economic Advisors in the Bush Administration (1990-1991) following Uruguay Round, NAFTA and EAI negotiations as well as numerous US-Japan trade issues including the SII talks and the Semiconductor Agreement renewal. He was Co-managing Editor of the journal Economic Policy from 2000 to 2005, and Programme Director of CEPR’s International Trade programme from 1991 to 2001.

The author of numerous books and articles, his research interests include international trade, globalisation, regionalism, and European integration; he has worked as consultant for the numerous governments, the European Commission, OECD, World Bank, EFTA, and USAID.

実は教授とは昨日知り合いになったばかり、と言うより昨日教授の講演をお聞きし共感する点が多かったので、お願いしたら時間を取って頂けました。(関係者の皆さんに感謝です。)
昨日の講演のテーマは21世紀型地域主義の中での日本のあり方だったのですが、1時間の講演で仰ったことは私の考えていたことに多くの示唆を与えて頂きました。TPPは当初P4(シンガポール、チリ、ブルネイ、ニュージーランド)の進もうとしていた方向なら日本にも参加の意味はあるが、アメリカが入って方向性が変わったために、日本にとってもアメリカにとってもメリットはないのではないか。アメリカでもTPPについて理解している人は少ない。また、USTRは当然ではあるが日本政府との交渉よりもアメリカ議会と業界団体のことを気にしている。

教授のお話、官邸の皆さんを含め日本の多くの皆さんに聞いて頂けると良いなと思いました。
TPPの議論、日本の現状と国際経済の中での日本の立ち位置を明らかにして、国益にかなった判断を
国民の皆さんに納得して頂く方向に持って行きます。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2012-01-27 23:50

第180回国会開会

今日から通常国会が始まります。日本社会に充満している閉塞感を打破し夢を持ちその実現を目指す人を元気にするという政権交代の本質的な部分をカタチにする為に我々一年生議員が全面に出る国会にします。

昨夜の雪が残る国会議事堂が青空に映える中、天皇陛下御臨席のもと第180回通常国会の開会式が行われました。6月21日までの150日間の予定、平成24年度予算を始め色々な法案の審議が予定されています。東日本大震災からの復興に最大限のチカラを注ぐことは当然ですが、国会議員定数削減、郵政改革、公務員総経費削減、税と社会保障一体改革など疲弊した日本の社会、経済を立て直す日本再生元年とする為に国会審議を建設的且つ包括的に進める必要があります。
野田総理の施政方針演説を含む政府4演説を聴きながら、初志貫徹、何故自分が政治の世界に入ってきたのか、その気持ちを忘れずに正面から物事に取り組む決意を新たにしました。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2012-01-24 09:46

藤井裕久先生

今日は藤井裕久先生を講師にお迎えして民主党政治スクールが開催されました。社会保障と税の一体改革についての講演でした。自治体の首長さんや県議、市議の皆さん、各界のリーダーの皆さん、沢山の方々が参加されました。少子高齢化の進む中、国債の発行残は1000兆円を超える状態となっています。過去の政権が先送りして来た問題、自分達の生活に直結しているだけに、逃げる事無く正面から取り組む必要があります。国会議員の定数削減や国家公務員総経費の削減も含め我が身を律する事を先ず実行します。
日本国民としての責任を果たします。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2012-01-21 23:46

読売新聞 地球を読む

今日の読売新聞の地球を読むの欄にフランシス フクヤマ(アメリ・カの政治学者、「歴史の終わりに」の著者)が昨年起きたOccu・py Wall Streetについて書いている。1929年に起きた大恐慌以来始めて経済的不平等がアメリカ国内で政治問題となった。その背景には1974年から2007年の間にアメリカの最も裕福な1%の人口の所得が国民所得に占める割合が9%から23.5%に、また・最富裕層15000世帯(人口の0.01%)の所得は1%から6%に急拡大したというデータを紹介している。グローバリゼーショ・ンの勝ち組であるアメリカ国内での格差の増大、今朝上京する列車・の中で書いた事と一致するような記事を見て、それも読売新聞が掲載しているという事に何か因縁めいたものを感じる。
It is high time to reorganize and execute creative destruction of our society.
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2012-01-17 00:04

久し振りのお湿り

久し振りのお湿り、大地も心もしっとり!ユーロ地域での金融不安、再度格付け機関の動きが実体経済を破壊する状況になってきました。リーマンショック時に格付け機関の問題が露呈し未だその問題が解決されていないのに。銀行、証券、機関投資家、格付け機関、IMF、公的資金投入(税金)による金融機関救済、この構図を変えない限り新たなギリシャ危機が起こります。
1998年にアジア通貨危機の際マハティール元首相が解決策を示してくれたのに、アメリカに物申す人物であった為に、それを正当に評価しない国際社会とメディア、いい加減に目を覚まさないとペーパーマネーに我々生身の人間が支配される構図が一層強まります。世界経済の閉塞感の打破、現状でもかなり厳しいです。間もなく宮崎駅に着きます。
皆さん楽しい一日をお過ごし下さい。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2012-01-16 07:10