地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

皆さんが分からないのではありません。政治家が政治の世界を皆さんに分からないようにしたのです。自分達の既得権益を守る為に、地盤、看板、カバンが無いと当選出来ない永田町というな名の村を作ったのです。そして皆さんが政治に興味を持たないようにしたのです。参入障壁の高い競争の無い政治が政権交代前の状態です。政権交代で政権与党は変わりましたが、官僚機構を含め社会は変わっていません。皆さん、私を含め社会が変わる必要があります。民主党も当然変わる必要があります。共に社会を進化させましょう。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-09-30 00:03
いよいよ制御不可能な状態になりつつあります。FRBが保有している4000億ドルの短期国債を長期国債に変えると昨日発表した事を受け、世界の金融市場では同様が広がっている。アジアの株式市場も下げたが、ギリシア問題を抱える欧州の株式市場は軒並み5%程度下げている。また、ユーロ、イギリス・ポンドが円に対して最安値を更新している。先程始まったニューヨーク証券取引所でも株式は大幅な下げを記録している。原油価格も1バレルが81ドル近辺で取引されている。
世界的な景気の低迷で各国政府は低金利政策を続けるしかないが、必要以上の資金の供給は単に行き場の無い流動性を生み出すだけで現状を打破する事は出来ない。経済再生には単に資金の供給を増やすだけでは十分でない事は日本の失われた20年の財政金融政策を検証すれば明らかである。必要なのは資金を効率的に使えるような制度を作る為の構造改革と経済活動の軸足を1次産業の産業化(民主党は6次産業化と呼びます)と再生可能エネルギー部門の強化など、今までとは違った分野にシフトする事です。
そして商品市場での投機(商品デリバティブの創造を含む)を規制する必要があります。リーマンショックでアメリカの金融機関は公的な資金注入を受け、存続しました。公的な資金を使って破綻を免れましたが、資金を返済すれば再度同じ事を繰り返している。金融機関同様、S&PやMOODYSなどの格付け機関の責任も一時期問われていたが、今又、格付け機関の社会的な意味を問う声が増えつつあります。
金融主導の世界、バーチャルな産業がリアルな世界を支配する、その異常な事に現実に起こっている事が警鐘を鳴らしている。一刻も早く現実をシッカリと理解し、手を打つべきである。ペーパーマネーや情報のみで我々は生きる事は出来ない。飢えをしのぐ食料や飲料水、衣類や住居、これらを生産し供給してくれる人達の生活を破壊して我々は行き続ける事は出来ない。
規制の無い状態で天文学的な量にまで創られたデリバティブ商品、過剰流動性規制、そろそろ本気で規制すべき時ではなかろうか?
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-09-22 23:26

台風15号

台風15号、今日の午後浜松付近に上陸した後、東日本を縦断しています。東日本大震災を含め数々の災害に襲われている日本です。地球が活動期に入りつつあるのと、気候変動が重なって経験則や理論だけでは、予測出来ないことが起こり得るとの前提に立ち防災・減災対策を講じる必要があるのでしょう。
個人や集団、そして地域のエゴを自主的に抑えることも必要になるでしょう。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-09-21 23:35
今日から来年2月まで月1回の予定で民主党政治スクールが始まりました。昨年に続いての開催ですが、今年は県連青年局の主催となっています。若い皆さんに政治に関心を持って貰い、政治の改革を進める。現場の問題を適確、迅速に解決する為に行政機能を活用する能力を身に付けるべきである。その為には私自身を含め政治家自身が一層切磋琢磨しなければならない。政治家としての自覚を再度自分に突きつける。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-09-17 21:15

野田総理所信表明演説

天皇陛下御臨席のもと、第178回臨時国会が今日開幕しました。、「国難に立ち向かう重責を全力で果たしていく」と決意を述べ震災発生で「財政の危機レベルはさらに高まった」と厳しい現状を打開する為に、経済成長と財政再建を同時に行っていく事を強調された。
先ずは国有財産の処分や無駄の削減を行う事で財源を捻出すべきである。日本の現状を一人一人が認識し自分の出来る事をシッカリ果たしていく必要がある。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-09-14 00:11

明日から臨時国会

明日から臨時国会が始まります。野田総理の所信表明演説、楽しみです。
鉢呂大臣の辞任は残念ですが、当然かも知れません。シッカリ政策を実行して信頼感を得るしかありません。私は農水委員会、青少年に関する特別委員会、政治倫理審査会のメンバーとして活動する予定です。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-09-12 23:12

野田内閣

「怨念の政治は止めましょう、もう」と発言され、党内融和を前面に出した組閣後の世論調査が各社から発表されたが、前内閣に対する世論の厳しさを思えば、少し甘い採点を頂いたのではないかと思う。しかし、国民の皆さんの期待の表れでもある。後の無い状態からスタートした野田内閣、政策一つ一つを丁寧に実行して欲しい。当たり前の事を当たり前にやる事が求められているのではないか。私も政権与党の議員の一人として危機を克服し、真面目に努力している方々が将来に不安を感じる事無く生活出来る社会を創造する為に、自分の役目を果たしたい。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-09-04 22:13