地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

平成23年度予算成立

今日参議院で否決された平成23年度予算が両院協議会での議論を経て衆議院の議決が優先する事で成立しました。国債の発行を認める予算関連法案は成立していませんので、来年度歳出の全ての予算付けが完了していない事は皆さん、ご承知の通りです。本年度も残すところ明日、明後日の2日のみ
日切れ法案を急ぎ処理する必要があります。未曾有の大災害に襲われ、福島第一原発の問題も解決していない中、政治がまとまって国難に正面から取り組めない現状に議員の一人として苛立ちを感じます。自民党、公明党と議員歳費3割カットを行う事で一致したようです。半年間で約21億円の削減となります。災害復興には15兆円以上かかると言われていますので、21億円は僅かなものですが、チリも積もればです。日本全国、否、世界の皆さんが日本を元気にしようと支援しています。
がんばりましょう。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-03-29 22:49
福島第一原発の問題は、現場の皆さんの命がけの懸命な努力にも関わらず、予断を許さない状況が続いています。原子炉周辺での高濃度の放射性物質の検出が続いています。一刻も早く原子炉内及び保存槽内の燃料棒の冷却、押さえ込み作業が終了するように祈っています。原子炉問題が解決しない中
福島、茨城両県の農産品が風評被害が拡大しています。出荷停止となったものに加え両県産というだけで農産品が売れなくなっている、あるいは値段の下落が起こっているというお話を多くの関係者の皆さんからお聞きしました。現在の問題だけでなく、これから作付けを予定している作物、果たして
田植えをしていいものか、耕作してもいいものか、判断出来ない状況に追い込まれているとの声も聞こえて来ます。現金収入の途が閉ざされ、また将来に対する不安も増大している中、政府の明確な支援方針を早急に作り上げる必要があり、我々はそれに向かって進んでいます。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-03-27 23:52
悲しいニュースが続いている中、21日には震災から9日振り阿部寿美さん(80)と孫の阿部任君(16)が救助された。自宅のあった場所から家ごと100メートル程流された所で救助を求めているのを発見された。奇跡とも言える出来事であり、希望を抱かせるニュースである。
今日、党の農林水産部門会議で農業団体の皆さんの話をお聞きしました。岩手県から来れれた酪農農家の団体の方が燃料不足、加工施設が稼動していない事などの理由で搾った原乳を廃棄しなければならない事、加えて水、食料等が未だに届いていない事など、厳しい現場の状況を話されました。水、食料、医薬品、燃料、衣服など状況は改善されていると聞いていますが、現場の厳しい状況には変わりないようです。支援を待って折られる方も、支援に従事しておられる方も皆さんチカラを振り絞って生活されています。今こそ、国民総力戦で一丸となって被災地域の復興に向かって進みます。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-03-23 22:15

福島第一原発

第一原発3号機の原子炉と使用済み燃料棒格納槽への放水が自衛隊のヘリコプターと警察並びに自衛隊の放水車によって行われた。高濃度の放射線を浴びながらの作業である。現場で昼夜を徹しての必死の活動をされている皆様にはただただ頭が下がるのみである。危険を冒しての勇気ある作業が良い結果をもたらす事を切に祈っている。
被災地への物資輸送が上手くいっていないとの話も伝わってくる。昨日から被災地は真冬並みの厳しい寒さに襲われている。被災された皆様の状態は日に日に厳しくなっていると思われる。水、食料、医薬品がそれらの物資を必要としている人のもとへ一刻も早く届くようあらゆる努力をしていきます。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-03-17 21:31

東北関東大震災

マグニチュード9.0の地震が3月11日午後2時46分東北、関東地方を襲いました。時間の経過と共に
被害の甚大さが伝わって来ます。岩手、宮城、福島の各県を始め各地が想像を絶する人的、物的被害が起こっています。陸前高田市、南三陸町、東松島市など壊滅的な被害を受けた地域も数多くあり、宮城県災害対策本部長は県内の死者数が万単位に及ぶのではないかと発言しています。福島第一、第二原発の放射能汚染で被曝された方のある事が報じられている。絶対安全と言われていた原子力発電所も今回の地震で被害を受け、冷却装置が働かなくなり炉心溶融が起こったようである。政府、東電には一刻も早い問題解決の為、継続的に全力対応をお願いしたい。日本が直面している危機を乗り切るため全ての日本人が力を合わせる時です。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-03-13 23:56

前原外相辞任

外国人からの献金、素早い判断で前原さんらしい辞任です。菅政権の新たな問題として表面化して数日での決断でした。週末地元活動をして先程上京して来ました。政治の世界の浄化は必要ですが、足の引っ張り合いしかしていない国会の審議に皆さん、「いい加減にしろ!他にやる事があるだろう、日本社会の抱えている多くの問題解決にシッカリ取り組むべきだ」という声をどこでも聞きました。
総選挙をしろとの声がありますが、今やるべき事ではない、与野党協力して前に進む政治を実行すべきであると思います。「お前は自分の保身の為にそんな事を言うのだ」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、私は政治を自分の業とするつもりは全くありません。政治家である間は政治家の仕事に徹します。何をやるにしても、常にプロフェッショナルとしての仕事をしていく決意です。
政治の世界を進化させる、参入障壁を取り払い、志があり、有権者の支持を得る事の出来る人は政治の世界に入るべきです。知名度不足を補い、金のかからない選挙を実現すべきです。
政局に明け暮れている余裕は今の日本にはありません。待った無しの状況にある日本の現場、政治家としての責任と自覚が求められています。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-03-07 21:49
こころ暖まる雰囲気に包まれています。
近くの席に四人家族、夫婦は30代前半、女の子二人、幼稚園生と入園前、がいます。会話の内容から東京ディズニーランドに行って来たようです。楽しかったねーと頻りに上の子が繰り返しています。弾んだ明るい声です。彼女はディズニーランドの思い出を大切に生きるでしょう。「パパが一生懸命にお仕事してお金を貯めたからね。」「アリガトウ、パパ」、何気ない言葉のやり取りが、普通なら無味乾燥な夜の車中の時間をとても大切なものを感じることの出来た、素敵な時間に変えてくれました。四人家族の皆さんに幸多からんことを祈ります。いつの間にか子供達は眠ったようです。「疲れたね!」「本当に!明日は起きれんかも?」若い夫婦の会話に今の社会が失いつつあるものを見いだすことが出来ました。頑張ってね!応援してますよ!
もう一つ嬉しいニュースです。同級生がオーナー会社の社長に昇格しました。オーナーファミリー以外から初の社長です。心からおめでとうを送ります。世界に冠たる会社の一層の発展をお祈りします。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-03-04 22:06