地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー

<   2011年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

鳥インフルエンザが一向に終息しそうにない。現場では最大限の警戒心を持ち防疫の徹底に尽力されているが、宮崎県では発症が続いている。寒波と豪雪で宮崎県に飛来している渡り鳥の数が例年に比較して格段に多いと皆さんが仰っている。雪が降らないことで野鳥はエサ探しに苦労の無い宮崎県に多数飛来しているのだろう。シッカリと感染原因とルートを明確にすることに全力を尽くすつもりです。被害農家への支援や関連産業の皆さんへの対策も自治体の皆さんと協力して行います。
新燃岳の噴火も収まりそうも無く被害は日毎増加しています。一刻も早く噴火活動が停止することを祈りますが、政府与党の出来ることはして参ります。
昨日の愛知県知事選挙、名古屋市長選挙の結果は御存知の通りです。政権交代以降の民主党の政権運営の拙さは目を覆うばかりであるが、テレビや新聞のメディアに出て来る政治家は限られている。政権交代の選挙で当選した一年生議員の中には本当に輝いている人達がいる。民主党一年生議員の存在意義を示す時は確実に近づいている。ガンバリマス。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-02-07 23:18

新燃岳噴火対策本部

昨日、宮崎・鹿児島両県の民主党県連が合同対策本部を設立した。一向に衰える気配のない新燃岳の噴火、連日大量の火山灰が降り続いています。国や鹿児島県の支援を受けながら灰の除去作業を住民の皆さんは毎日行っていますが、降灰の量が膨大で作業量は増え続けているようです。ホウレン草を始め路地野菜やお茶などにも被害が出ています。ハウス栽培農家もハウスに降り積もる灰の洗浄に苦労されているようです。地域の皆さんと緊密に連絡を取りながら国と自治体と迅速且つ的確な対応をして行きます。先程高千穂町で鳥インフルエンザが確認されたとの連絡がありました。シッカリ対応します。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-02-04 22:52

今日は節分

鬼は外、福は内、子供の頃はよくやっていました。季節の流れを感じる事が少なくなった昨今、感性を失いつつある自分を意識せざるを得ません。元気のある農家の皆さんから話を伺う機会がありました。1次産業の担い手議論をしているのですが、今日の話を聞いていると現場の事は現場の皆さんにお任せする事の重要性も感じました。TPPの議論は農水VS経産みたいな矮小化された議論になっていますが、そうではなく金融、メディア、医療、サービス、公共事業等あらゆる分野が対象になっている対米政策が本質である事が次第に見えてきました。10年後、20年後の日本の形を決める重要なテーマです。国民一人一人が真剣に議論に参加する事が必要です。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-02-03 23:55
チュニジアでの政変に続き、エジプトを30年も統治してきたムバラク政権に対して今日100万人規模の反政府集会が開かれている。親米政権として中東のバランサーとしてイスラエルとアラブ諸国の触媒の役割を果たしてきたムバラク・エジプト政権が倒れれば、アラブ諸国でのドミノ論が危惧されると同時にイスラエルに対するアラブ諸国の政策も変わる可能性もある。
フィリピンのマルコス政権、インドネシアのスハルト政権、政権当初は国民の支持を得て安定・発展を実現した実績は共有するが、長期政権の宿命であろうか権力は腐敗し国民の支持を失い、遂には退陣する事になる。果たしてエジプトのムバラク政権も同様の終焉を迎える事になるのであろうか?
穏健派アラブ諸国にとっても気になるところであろう。既にスエズ運河の安全確保の懸念から影響が出始めている。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-02-01 23:42