地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ゆく年2010

今、紅白歌合戦を見ている家族の傍で1年を振り返りながら遅い年賀状を書きつつこのブログを書いています。1年前の政権交代の熱狂から政治の閉塞感がましたようにしかメディアは報道していませんが、確実に変化は起こり始めています。1次産業の6次産業化、自分としてはこの点を第1にあげたいと思います。
地方経済の疲弊と崩壊の危機に瀕している地域社会、第2次世界大戦からの復興の中で大都市、製造業を成長エンジンとして位置付け、世界に冠たる工業国日本を作り上げました。1989年のバブル崩壊以降の日本経済の縮小停滞の状況、今、私たちに求められている事の1つに地方と1次産業の産業化があると思います。コメ所得補償制度モデル事業が今行われていますが、これを順次広げ1次産業全体をカバーするようにしていきます。意欲ある担い手を支援し、活力ある1次産業を生み出し、地方経済の活性化する。地方には仕事が無いと言われ、メディアもそう報道しています。しかし、本当にそうなのでしょうか?私も含め我々は学校を卒業したらネクタイをして机に向う、工場で働く事だけが仕事みたいな教育を受けています。農業、林業そして漁業に従事する事が立派な仕事、国土を守る仕事であるとのプライドを持って出来る仕事であるように社会の評価(当然経済的評価を含みます)を変える、これが戸別所得補償制度の基本的考え方でもあります。
今、TPPの問題がクローズアップされ、農業vs製造業の矮小化された議論がなされていますが、TPPは金融、郵政、サービス、公共事業等々あらゆる産業の自由化を目的にしています。TPP議論も含め今一度1次産業の産業化を推進する為の国民レベルでの議論を行なうべき時です。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-12-31 21:19
今、羽田の国際線ターミナルにいます。都心の空港は深夜の時間も多くの旅行者で混んでいます。過去3年海外に行っていませんでした。新興国パワーのエネルギーに触れる事で日本再生へのチカラを貰って来ます。政治が安定せず国民生活が疲弊している日本、この国は必要なのはチカラを合わせて前に進む事です。また、現地からアップします。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-12-19 23:05
国会が閉会となり少しは地元でジックリと活動が出来るかなと思っていましたが、閉会後の方が地元と東京を行ったり来たりで大変です。自分でスケジュール管理が出来ていないと言えばそれまでですが、それにしてもスゴイ日程になっています。私みたいな一年生議員でこれですから、総理、大臣や幹部議員は大変でしょう。今来年度予算策定の最終局面に入っています。農水省関連でも連日ワーキングティームがテーマ毎に関係団体からのヒアリングや当局からの説明を受けています。農林水産業の6次産業化を実現し、地方の活性化、日本再生を実現するために農水予算は満額確保を目指します。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-12-15 22:35

閉会中審査

国会は閉会中ですが、昨日農水委員会が開かれました。口蹄疫に関する参考人質疑が行われ山根先生、郷原先生、津田先生が参考人として意見陳述をされた後、質疑に入りました。私は民主党を代表して質問させて頂きましたが、今回の口蹄疫のよる甚大な被害を2度と繰り返さない為、原因と感染ルートの徹底した解明と予定されている家伝法の改正で防疫、早期発見、的確な初動体制の確立等を
制度化する必要があります。宮崎県選出議員としての責任を果たすつもりです。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-12-09 22:06
4日と5日、今週末は雲一つ無い抜けるような青空のもと、幾つかの集会に参加しました。我が故郷宮崎県は高速道路が未だに繋がっていない数少ない地域の一つです。しかし高速道路の建設は財政難の今でもす少しずつですが進んでいます。4日(土)門川町で行なわれた式典の後、門川・日向間の13.9KMの走り初めに参加しました。2013年までには全線開通の予定ですが、道路はそれを如何使うかが大切な事は言うまでもありません。宮崎の産品を国内外へ搬送する為のロジの一つとして十分に活用したいものです。
今日5日は宮崎市で行われたTPP交渉参加阻止集会に参加しました。現状での参加などあり得ない話しですし、1次産業、特に農業の食糧安全保障、国土保全等の面での重要性も鑑みながら丁寧に議論が行なわれるべきです。WTOが進展しない中、各国はEPAやFTAを推進していますが、突如TPPが出て来ました。細かな議論はしませんが、TPPの議論を行なう前に日本がしなければならない事があります。非効率な制度改革を含む日本社会の構造改革です。円高が言われる中、円高のメリットは全く活用されない製品価格構造、一体何なのでしょうか?それに対してマスコミも全く触れない。今、日本に必要な事は私も含め個々人、あらゆる制度、仕組み、組織等々の自己をも否定する再検討です。これなくして日本の改革は実現出来ません。
日本の再生は1次産業を産業化して地方を成長エンジンとする事から始まります。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-12-05 21:29
尖閣や北方領土、北朝鮮問題など終盤は安全保障や外交が大きな争点になりましたが、補正予算が成立、与野党で作り上げた「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進法」(6次化法と私は呼びます)も成立しました。
TPPが今、皆さんの関心を集めています。私は農水省の皆さんと1次産業の6次産業化こそ日本の再生エンジンであり、食文化を含め日本の1次産業が世界基準を創り出していくのだと話しています。日本の1次産品のセールスマンとして頑張ります。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-12-03 22:58