地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー

<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

7月11日に投開票の行なわれた参議院議員選挙を受けて臨時国会が始まりました。8月6日まで8日間の予定です。来週衆参両院で予算委員会を含め各種委員会が開かれます。農水委員会も開かれる予定です。
国会終了後、民主党の衆参両院議員を集めて今後組成される政務調査会についての説明会も開かれました。参議院で過半数を獲得出来なかった民主党にとっては厳しい国会運営が続きますが、数の勝負(究極的には数がものをいうかもしれませんが)ではなく、政策の優劣を国民に問う、丁寧な審議を行なうことで民主主義を進化させる国会運営が必要になります。私を含めた一年生議員も日本国民の為に一生懸命頑張ります。宮崎の口蹄疫からの復興もシッカリ進めて行きます。期待して下さい。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-07-30 18:29

口蹄疫

昨日も口蹄疫の発生で間接的に影響を受けておられる方々から話を伺いました。新たな口蹄疫の発生がなければ今月27日には制限解除となる予定ですが、制限解除後も含め気を抜く事は出来ません。4月20日以降の3ヵ月あまりの間、制限区域内は言うに及ばず県内全域で日常生活にも大きな影響が出ました。あらゆる産業に大きな影響が出ています。今日明日の資金繰りに困っていらっしゃる方も沢山いらっしゃいます。県の財政状態も危機的な状況になっています。先月成立した特別措置法による国の全面的な支援を一日も早く実施する必要もありますが、果たして経営再建が口蹄疫発生以前の状態にする事であるのか、どうか。シッカリと検証しながら政策を実施する必要があるでしょう。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-07-22 16:19
4月20日に最初の口蹄疫発症が確認されてから今日で3カ月が経過しました。29万頭弱の牛や豚が殺処分され畜産業だけでなく宮崎県経済は大きな打撃を受けました。畜産農家の皆さんの御苦労は言うまでも無く、県民1人1人が何らかの形で影響を受けています。安心・安全に暮らせる宮崎県を再生・創造する為に、政治が一層の主導性を発揮する時が来ました。県民総力で希望の持てる地域造りに努力していかなければなりません。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-07-20 22:55
過半数どころか改選議席の確保も出来ない結果になりました。反省点は色々ありますが、反省すべきはしっかりと反省すると同時に有権者の皆さんが与えてくれたこの試練を党一丸となって乗り切る為に切磋琢磨すべきだと思います。宮崎選挙区では素晴しい候補者渡辺創氏を当選させる事が出来なかったことに
責任を感じています。氏の将来性に期待して創造的ふるさと宮崎を創る為にシッカリと共に活動して行こうと思っています。
参議院での野党過半数の状況によって数ではなく政策議論で国民の支持を得て、野党の協力も得る事が必要になりました。国会論戦を見るのが楽しみと思ってもらえるような議論を展開する。国や地方の将来に希望の持てる政策を国民に提示する政党、国会議員、これからが真剣勝負です。私も口蹄疫を一日も早く終息させ、宮崎再生の為に現場主義に徹する活動を強化します。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-07-14 00:14

山岡副代表、西都へ

山岡前国対委員長、現副代表が民主党公認候補応援の為、西都に来られました。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-07-06 23:58

口蹄疫、AGAIN!

暫らく発生のなかった口蹄疫、県内の皆さんも普通の生活に戻れるのではないかと思い始められていた矢先、昨日宮崎市で口蹄疫が確認された。
非常に残念です。今日は朝から同僚の川村議員、外山議員と共に幾つかの自治体、組織の皆さんとお話する機会がありましたが、皆さん一応にショックを受けていらっしゃいましたが、口蹄疫が終息した後の事にも気を使っていらっしゃいました
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-07-06 00:00

岡田外務大臣来延

昨日(7月3日)岡田外務大臣が立候補者応援の為、大分から延岡に入られました。岡田議員が延岡に入られるのは一昨年私の選挙事務所開き以来です。本当に月日の流れは速いと感じます。岡田外務大臣とは同じ年ですから、岡田さんは迷惑かもしれませんが、勝手に親近感を持っています。日本外交、日米同盟を基軸にアジア諸国との関係を進化させ、平和憲法を持つ国日本としての国際社会への貢献を能動的に果たしていくべきであると確信しています。日本外交の推進責任者としてスピード感を持って昼夜を問わず積極的に動いておられます。民間からの大使の起用、中国大使、ギリシャ大使に外務官僚ではなく民間から人材を起用されました。脱官僚の改革の流れの一つです。
閉塞感を打破し活力ある社会の創造を実現する民主党へのご支援をお願いします。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-07-04 15:16
宮崎県は県内全域に出されていたイベントや大会の開催自粛を求めていたが、家畜移動制限区域外では解除する事を発表した。終息に向けて一歩前進ではありますが、気を抜くことは出来ません。消毒等を徹底し、口蹄疫を完璧に押さえ込み、宮崎再建に向けてしっかり活動して行きます。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-07-02 12:44