地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

長期金利上昇傾向

今日の地方紙に気になる記事が出ていた。年初1.2%台であった10年物の利回りが半年振りに1.5%に上昇したそうである。7月以降、景気対策や税収不足の穴埋めの為、国債の発行が加速する事が予想され金利は1.7%台まで上昇する可能性もあるようである。本年度70兆円弱の国債が市場へ出回り、国の借金は増大する一方である。2011年に予定されていたプライマリーバランスの黒字化は到達出来ないと与謝野財務大臣は語った。この情況が続けば、日本の財政は今迄以上に深刻な問題に直面する。今でも、未曾有の危機に直面しているのであるが、現政権はそれを理解していないような気がする。
景気回復の為に財政の健全化を先延ばしして、大規模な財政支出を行おうとしている現政権であるが、根本的な構造改革や無駄の除去に手を付ける事無く、野放図に支出を増やす事に市場既にNO!メッセージを送っている。日本は深刻な情況にある。そして我々はそれを日常生活の中で感じている。政府はどこまでこの深刻さが分かっているのか。言葉の遊びだけでは、今そこにある危機を乗り越える事は出来ない。
真摯な態度で国の再構築を行う必要がある。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-31 23:57
今日平成21年度の補正予算が参議院で否決され、衆議院の議決優先という事で成立した。麻生首相は関連法案を国会で通す為に国会会期を大幅に延長する事が必要であると述べている。大型補正予算が成立したが、予算項目の内容を見るとこれだけ国家財政を借金漬けにしても、バラマキのみで将来に向けての国の形を変えるような予算が組まれているとは思えない。補正予算を実施する為の関連法案の成立が必要であり、その為には会期を大幅に延長しなければならない。しかし、本当に補正予算で組まれた事を実行する事で
日本の景気が回復に向けて動き出すとは思えない。恐らく、日本の景気を回復する為には先ず、お金の使い方、何に、幾ら使うかを再度検証する必要があると思われる。国民の叡智を結集して、政策策定を行い、納得の行く方法で予算の執行を行うべきである。今、必要なものは景気回復を予感される事に注力する事である。
我々に残された時間は多くない事を、麻生総理を含め一人一人が認識すべきである。
野党は早期に国会解散をと述べているが、これも国会での議論のみで国民に直接訴えるような事を考えているとは思えない。
渡辺善美議員が国民運動を展開するといって自民党を離党した時、これこそ民意を反映していると思ったが
その後鳴かず飛ばずの状態のような気もする。
ここ数日、厚生労働省の分割についての麻生総理の発言が再度物議をかもしているが、総理の発言のブレが大き過ぎ、総理の言葉とは何か、私のようなものの発言と違い、一国の最高権力者の発言の重みを麻生総理は理解しているのかどうかと思ってしまう。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-29 22:26
クライスラーに続いてビッグ3の雄ゼネラル・モーターズも連邦破産法11条の申請を行い経営破綻する可能性が大きくなった。世界を席巻したビッグ3の内2社が破綻、一大事であるが消費者のニーズに答えるべく経営努力しなかった会社が消えていくのは至極当然のような気もする。省エネ、環境保全という時代の方向性が見えている中でも、商品の改善を行わなかったアメリカの自動車メーカー、金融情報資本主義が全盛の頃、アメリカは製造業を捨てたと思っていたが、いざ倒産という情況になった時、その社会的なインパクトの大きさにアメリカ社会全体が動転した。しかし、市場経済のメカニズムはGMでさえも破綻に追いやる方向で動いている。(CDSにより倒産した方が見入りの多い債権者もあるそうである。)金融万能の社会の危うさを再認識すると同時にリアル・セクターを大切にする社会の再構築の必要性を感じる。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-28 22:13

おはようございます。

雨模様の朝になっています。
雨が少なく田植えが出来ないと心配されていた農家の方々が沢山いらっしゃいましたので、今日の雨は
恵みの雨となれば良いのですが、、、、
北朝鮮の地下核実験、国連安保理でも対応についての議論が続いていています。今回の核実験は
安保理決議に違反する形になっていますので、決議案の内容が気になるところです。今回はアメリカが
厳しい対応を示唆していますので、ロシア、中国の出方は???
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-27 07:05

有難うございます。

最近、何処へ伺っても新しい出会いを経験しています。
色々な方々と話をして、自分の知らなかった事を教えていただいています。自分の世界の偏狭さを実感しています。
もっと開けた世界の創設、シッカリやっていきます。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-27 00:15

北朝鮮、地下核実験

25日北朝鮮が地下核実験を行ったと発表した。国際社会で核廃絶の動きが出ている中での、平和への
大きな挑戦とも思える今回の実験、先の長距離弾道弾発射実験に続く行動は金正日政権の体質を窺わせるものである。北朝鮮の経済的貧困情況は人道的見地からも糾弾されるべきであろう。国民の生命に脅威を与えるような経済状況にありながら、体制維持の為には本当に何でもやる国家の存在、国際社会の安定と安全にとってリスクファクターである。北朝鮮問題、拉致問題も含めて緊急な対応を必要としている。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-25 18:57
韓国から衝撃的なニュースが届いた。支持者からの不正資金供与疑惑の渦中にあったノムヒョン前大統領が
自宅近くの山で飛び降り自殺をした。苦労人として「金も組織もない」権威主義と戦う人権派弁護士のノムヒョン氏は「地域感情主義を解消し新しい韓国」を目指し、国民も期待したが、現実と理想に挟まれ今回の不正疑惑等により、ノムヒョン氏は自ら命を絶った。暗殺、逮捕など韓国の大統領に纏わる事件が多い事には驚かされる。韓国の政治や社会についての知識が無い私が発言する立場にはないが、一連の事件等を見て思う事は大統領の権限が強大であるのではないかと思わざるを得ない。韓国政治が今回の前大統領の自殺という悲劇を乗り越え、このような事件が繰り返されない事を心より祈りたい。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-25 00:05
ハローキティの誕生35周年を記念して英連邦クック諸島が発行する(英王立造幣局鋳造)記念硬貨を国内でも販売するとの記事を見つけました。サンリオ社の記者発表文も読みました。可愛いキティの硬貨で人気を博することになるでしょう。50ドルの金貨に始まり、25ドル、10ドル、5ドルの金貨や銀貨が発行されるようです。50ドル金貨の国内発売価格126,000円、25ドル金貨同59,850円、そして5ドル銀貨セット同31,500円となっていた。クック諸島の通貨はニュージーランド・ドルだから今の為替レートだと1ドル58円程度。50ドルでも通貨としての価値は約3,000円程度か、そんなケチな事を考える私は貧乏なのでしょうね。それにしてもキティは愛らしいですね。(写真はサンリオの記者発表文からの写しです。)
f0195870_2041187.jpg
f0195870_2044795.jpg
f0195870_2052562.jpg

[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-23 20:01
昨日宮崎県庁玄関前に植えられていた県内最古のフェニックスが伐採されたそうだ。1932年に移植されてから77年間県庁玄関前で県民を見守ってきた。4年前に細菌感染、その後延命措置が講じられたが、4月に枯死が確認されたそうである。フェニックスは何を見たのであろうか。終戦、戦後復興、黒木元知事、松方元知事の2人の知事の長期県政、東国原知事の登場と県庁の観光スポット化。恐らく、東国原知事を誕生させた県内政治状況の変化、そして東国原知事就任後の県庁への訪問客の増加にはフェニックスもビックリしたのではないだろうか。
 グリーンエネルギー関連分野、介護・医療関連分野そして県の基幹産業である農林水産業での宮崎の潜在能力、県の経済発展の推進役となる日を、フェニックスは見ていたのかも知れない。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-22 22:51

腑に落ちない

障害者団体向け郵便割引制度悪用事件、ベスト電器とウイルコ、新生企業、白山会のケースが摘発を受けたが、新聞報道によればここ数年、年間1億1000万通が同じ仕組みで正規料金を免れて発送されていたそうである。JPは年間約120億円の郵便料金を取り損ねていたそうである。損失は一般利用者に転嫁されていたとの事。JPの担当者と福祉団体の間では金銭の授受はなかったらしい。広告主は多額の経費を削減する事が可能であった訳であり、恐らく社内的に評価されたであろう事は想像出来る。仲介業者は取り扱い量が増える事で、売り上げは増えるからこの業務を遂行する事も正当化出来る。それでは障害者団体は?名義を貸しただけだから、何もなくても良いのか。恐らくそうなのであろう。しかし、JPの経費に関する無関心から不正を黙認した事件としてピリオドが打たれるのであろうが、何ともすっきりしない事件である。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-20 22:49