地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー

<   2009年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

久し振りの東京

叔父の葬儀に出る為に上京しました。
慌しいスケジュールとなりましたが、日本の中枢東京のエネルギーを感じ取る事が
出来ました。一極集中の光と影、東京遷都の議論、一時期盛んに行われていましたが、
今そんな話はありません。道州制の導入と一極集中の是正、地方の活性化には必要条件
なのかもしれません。巨大な東京の胃袋を満たすのも、地方の生きる道、忙しい生活に疲れた
都会人の心を癒すのも地方の果たすべき役割かもしれません。東京vs地方、色々な夢が膨らみます。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-17 22:03
昨日までの風雨から一転、空は飽くまで澄み、山々の緑は春の息吹を感じさせる一日になりました。
朝7時、五ヶ瀬川にかかる橋の清掃を毎月されている皆さんの活動に参加させて頂きました。その後、北浦港で行われたカンパチフェスタの会場へ向かいました。美しい海岸線を見ながら、環境保全の必要性を痛感しました。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-16 00:08
昨日、木城町でミニ集会を開催させて頂きました。土曜日の午後2時という時間設定にもかかわら
ず、集まって頂き皆さんと直接話をさせて頂き、私自身教えて頂く事の多い集会となりました。政治の基本はこんな形であると実感しました。
その昔(高校時代?)スイスの政治形態の基本は全員参加の地域集会にあると習った記憶があります。本当に有難うございました。また、お邪魔しますので宜しくお願いします。
今朝もかなり冷え込んでいますので、風邪などひかれませんよう。今日もこれから発疹です。ガンバリます。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-15 06:18

叔父、逝く

先程、訃報を聞きました。ここ数年、体調を崩されていましたが、今日容態が急変したとの事です。非常に面倒見の良い方で幼稚園や小学校時代に仕事で忙しい私の両親に代わって色々な所へ遊びに連れて行ってくれた思い出があります。晩年、故郷宮崎を離れ生活をされていましたが、ご冥福を祈ります。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-14 00:06
昨日、拉致被害者、田口八重子さんの長男、飯塚耕一郎さんと飯塚繁雄さんと金賢姫元死刑囚の面会が実現した。今回の面談が拉致問題解決に寄与する事を祈っているのは私1人だけではないだろう。北朝鮮の対応を考えると問題解決の前途が容易出ない事はこれまでの経過が示している。日本、韓国、アメリカ、加えて
中国、ロシアとの一層の連携の強化が不可欠である。
北朝鮮は予定されているロケットの発射が人工衛星発射実験である事を国際海事機構に事前通告してきた。弾道ミサイルと人工衛星、機能的には同じであると思われるから、今回の事前通告が国連安保理の決議違反との非難をかわす狙いがあるのだろう。核の平和利用とも通じる所があるようにも思われる。

北朝鮮、国際社会で特異な存在であるが、その動向は韓国同様、我が国にとっても大きな意味合いを持っている。無関心ではいられない近くて遠い国である。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-12 22:39

ショッキングなレポート

学費が払えない為に退学している生徒数が増えているそうである。景気後退の影響もあり、この傾向は増加の一途を辿っている。教育の機会はすべての子供に平等に与えれるべきであるが、経済的な理由で学業に専念する事が出来ない子供達もいる。学校で机に向かうだけが勉強ではない事ははっきりしているが、勉強を続けたい子供には勉強させてあげたいと思う。定額給付金の使い道、景気浮揚というより、必要なところに必要な資金がまわるようにする事も意識すべきかもしれない。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-11 23:11

10号線を南下

f0195870_23472142.jpg
ハッキリしない天気が続いていましたが、今日は良い天気でした。延岡から国道10号線を南下しました。
宮崎2区、広い選挙区ですが広い選挙区ならではの変化に富んだ風景が目の前に広がります。
食事をした後、外を見たら美しい海岸線が目に入りました。豊富な自然、経済数値だけでは解らない豊かさ、故郷宮崎県の力、財産です。この豊かさをバネに県の活性化を実行します。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-10 23:47

政治不信と一票の行使

政治献金問題、政治に金がかかる事を改めて考えさせられます。
国政が必要以上に日常生活の細部まで入り込んでいるとの感を強くします。
有権者1人1人の生活に政治は関わり過ぎているのではないと思います。
市町村議会議員、県会議員、国会議員、夫々に役割があると思いますが、
今の政治tの現実は、夫々のティアーの議員がその責任範囲内で活動を行う事が
徹底されているのかとも思ってしまいます。国会議員の役目、責任は何かを
考えてみる必要があるでしょう。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-09 23:50

アフガニスタン支援

今日の新聞記事によると日本政府のアフガニスタン支援策が明らかにされ、①選挙実施の為の資金協力(約50億円)②テロ対策・治安改善支援(約154億円)③貧困支援(約97億円)が行われるようである。アフガニスタン支援は国際社会の安定化の為には大きな意味を持つと思います。
選挙実施の為に支援を行う事は意味があるだろうが、50億円の資金が本当に必要なのか?過去のJICAを通じての民主化選挙の支援で、必要以上の資金を与えて現地での汚職を助長した可能性ある事例を見た者としては供与資金額の妥当性が気になります。更に現地警察の給与を日本のODAで行う事の意味合いは何なのか。アフガニスタンでは汚職が蔓延し、一般国民の支持が現政権に与えられていない事もテロとの戦いをより難しいものにしている気もします。
アフガニスタンに対する援助だけでなく、日本のODAの現地での貢献、シッカリチェックする事も我々の責任の一つでしょう。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-08 23:23
f0195870_2318425.jpg
今日は早朝より県北地区を動き回りました。午前中は雨が降っていましたが、昼前には雨も止み天気は回復しました。春を迎える準備も始まっています。

経済状況は未だ春に向って動いているとは言い難い状態です。アメリカの2月の雇用統計が発表された。失業率は8.1%と25年ぶりの水準(1983年12月の8.3%に次ぐ)に悪化し、非農業部門の雇用者数は65万1000人の減少となりました。雇用の先行き不安による一層の支出減、そして経済活動の縮小と更なる雇用減という負の連鎖が続いています。あらゆる産業分野で景気後退の影響が顕著になっています。
f0195870_2319041.jpg

[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-06 23:19