地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2009年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今日は都農でミニ集会を開きました。沢山の方々に来て頂きました。今迄、色々な場所で集会を開かせて頂きました、夫々の地域の抱える問題や情況を聞かせて頂き、自分のやらなければならない事の多さに驚くと共に、シッカリやらねばとネジを巻き直しています。延岡からの行き帰り、サクラが満開の場所をいくつか通りました。延岡の市内の写真です。サクラ、月並みな表現ですが、心を癒して呉れます。
f0195870_202425100.jpg

[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-29 20:24
昨日、宮崎地裁は県官製談合・贈収賄事件で安藤前知事に対して、起訴事実を全て認定し懲役3年6ヶ月、追徴金2000万円の実刑判決を下した。和歌山や福島での知事汚職事件での判決に比べれば執行猶予がなく厳しい判決であるが、今回の判決は日本に蔓延している政治の腐敗を考えると当然と言えるのかも知れない。政治の質を向上させ、国民本位の政治を徹底する為には、政治業界の浄化を図るあらゆる努力がなされるべきであり、司法の厳格な執行も必要である。
この事件が引き金となり、宮崎での政治の改革に手が付いたと言う意味では、エポックメイキングな事件である。その後の知事選挙で、東国原知事が誕生し、県議選での愛みやざきメンバーの当選、外山いつき議員の
参議院選での勝利と政治の流れの変化を感じさせる動きがある。
この変革の流れを絶やす事無く、県民に納得の行く、普通に思える政治環境造りに県民の1人として努力する必要がある。
元気な宮崎造りを目指すあらゆる人達の力を結集する事、これが今の私に出来る事である。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-28 22:18

今日の地元紙

旭化成延岡2工場閉鎖、従業員203人再配置
緊急世論調査 小沢氏「辞任を」66%
春高バレー都城工が優勝
青木選手に県民栄誉賞

今日27日の宮日のトップページのタイトルです。
世の中の動きを象徴している記事が並んでいます。百年に一度と言われる経済危機は県内にも大きな影を落としています。経済の好転は暫くは望めません。本来なら政治が経済面の暗さを打ち消すくらい希望の持てるものであれば、良いのでしょうが、西松建設政治献金事件は、政治に対する国民の期待、興味を失わせるかもしれません。元々政治に期待はしていないよと言われる方々も多いかもしれませんが、政治は国の将来に期待を持たせるものでなければなりません。予定されている衆議院選挙の現代日本におけるマイルストーン的な意味を思うにつけ、政治家の皆さんには大局考えて行動して頂ければと思うのは私1人だけではないでしょう。
都城工の優勝快挙とWBCでの青木選手の活躍は県民に大きな力を与えてくれました。本当に有難うといいたい気持ちで一杯です。あなた達の元気が私達をも元気にしてくれます。そして、次は我々1人1人で皆さんに元気をあげれるようになりたいです。頑張ります。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-27 20:58
寒の戻りで冷たい風の吹く中、抜けるような青空の下で都農町で多くの方々のお話を聞く機会に恵まれました。国道10号線を延岡から南下しましたが、途中数ヶ所で渋滞がありました。今、東九州自動車道の建設がピッチを上げながら進められています。高速道路の建設が必要な事は言わずもがなですが、アジアも視野に入れたロジスティック網の確立に早急に着手すべきはないでしょうか。道路、鉄道、そして海上交通も含めた輸送システム、日本国内はもとより成長地域であるアジアとの人、物、情報、資金の効果的な交流を促進する為に、宮崎の独自性を活かし、宮崎の土俵で勝負出来るプロジェクトを実行出来る日が一日も早く来る事を切に希望します。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-26 21:46
今日、多くの学校で卒業式が行われました。沢山の若者が希望と不安を胸に人生の次のステージに向かって歩き始めました。志を胸にシッカリ目的に向かって前進して欲しいと思います。現実社会の明と暗を見据え、理想を実現すべくマイペースで進んで下さい。
YOUNG PEOPLE TO BE
AMBITIOUS ALL THE TIME!
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-25 23:21

道休拝
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-25 22:56
見せてくれましたね。中継は見る事が出来ませんでしたが、録画を見ました。侍、JAPAN 優勝おめでとうございます。MVPは松坂投手でした。そしてすべての選手のガンバリが目立った日本チームでした。
9回裏に3-3のタイにされた所では、ハラハラされた方も沢山いらしたと思います。ダルビッシュ投手は勝ち投手になりましたが、イチロー選手と原監督に感謝している事と思います。インタビューでのイチロー選手のコメント、「今大会は谷しかなかったけど、最後に山になってよかった」、「神が降りて来た」、天才選手の心境を察するにあまりある言葉です。
暗いニュースの続く中、原監督と侍、JAPANの選手達に元気を貰いました。やれば出来る!この気持ちを大切にし、目指すものに向っていきましょう。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-24 22:48
全世界を襲っている未曾有の金融危機の中で、アメリカ政府は1,730億ドルの公的資金注入を受けたAIGが418人の幹部社員に1億6,500万ドルのボーナスを支払った事に対して政府や議会から強い非難が起こり、世帯所得が25万ドル以上(個人では12.5万ドル以上)の富裕層に対してボーナスの90%を徴税する法案を成立させようとしている。
これに対し、シティグループ、バンク オブ アメリカ、JPモルガン チェース等の金融機関が強い難色を示しているようである。公的資金注入を受ける事で規制が強化され、人材流出が起こる事を嫌っているようであるが、もし金融機関が自分達はTOO BIG, TOO FAILという意識で動いているとすれば、一般国民の非難は免れないであろう。危機の原因は何にあったのか、好調時には天文学的な報酬を受けていながら、会社の状況が悪化した時には破綻する事の社会的影響が大きいからという理由で破綻防止に税金を使う、しかし、会社がそのような状況の中で幹部社員に巨額なボーナスを払うとしたら、納税者は納得しないのは当然であろう。モラル・ハザードの問題もある。何の為に税金を使うのか、その税金の使われ方に工夫が必要な事は言うまでも無い。金融機関の信用補完を行う目的で税金は投入されるのであり、その目的以外には流用させない工夫が必要であろう。

日本でも未曾有の経済危機を克服する為に麻生政権は有識者会合で大型の景気対策を策定・実行するように要請されたようだが、単に巨額の資金を使えば景気が回復する程事は簡単ではない事は皆さん、お分かりの通りです。資金の使い方の精査と資金量の確定が必要です。そして、国民の心理的安心感=信頼を得る事が前提条件として必要でしょう。今、何を為すべきか、麻生総理を始め、政治家の皆さんは分かっていらっしゃるはずです。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-23 00:44

新富ミニ集会

三連休初日の春分の日、新富でミニ集会を開催させて頂きました。
沢山の方々に日本の政治の直面している閉塞感に対する皆さんの気持ちを聞かせて頂きました。有難うございます。
基地の町新富の抱える問題も含め、日本の政治が解決しなければならない問題・課題を提起して頂きました。愛・みやざきの図師県会議員もお忙しい中、集会に参加して頂きました。パワフルなお話しを有難うございました。政治の使命、時代の方向性を示す政治の実現に向けて
邁進します。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-20 23:48

日向での集会

今日は日向での集会に沢山の方々に集まって頂き、力強いご支援を頂きました。有難うございます。
明日へのパワーを充電致しました。宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-03-18 21:49