地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー

2009年 05月 22日 ( 1 )

昨日宮崎県庁玄関前に植えられていた県内最古のフェニックスが伐採されたそうだ。1932年に移植されてから77年間県庁玄関前で県民を見守ってきた。4年前に細菌感染、その後延命措置が講じられたが、4月に枯死が確認されたそうである。フェニックスは何を見たのであろうか。終戦、戦後復興、黒木元知事、松方元知事の2人の知事の長期県政、東国原知事の登場と県庁の観光スポット化。恐らく、東国原知事を誕生させた県内政治状況の変化、そして東国原知事就任後の県庁への訪問客の増加にはフェニックスもビックリしたのではないだろうか。
 グリーンエネルギー関連分野、介護・医療関連分野そして県の基幹産業である農林水産業での宮崎の潜在能力、県の経済発展の推進役となる日を、フェニックスは見ていたのかも知れない。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-22 22:51