地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー

2009年 02月 25日 ( 1 )

先のクリントン国務長官の訪日、麻生首相のホワイトハウス訪問、オバマ政権は国民の大きな期待を受けて誕生しましたが、アメリカは深刻な経済危機とイラク、アフガニスタンそして中東で先の見えない外交を強いられています。そこで、先ずは無難にこなせる日本を外交の対象として選んだように思えます。確かに大統領就任後、最初にホワイトハウスに迎えた麻生首相、麻生首相サイドからすれば大きなポイントとして評価できるかもしれませんが、私の知る限り今日のワシントンポストやニューヨークタイムスでは大きな扱いは受けていません。両首脳がドルの信認回復・維持に努める事で一致した事は当然と言えば当然でしょう。それよりも国会審議に専念し、一日も早く予算を通し実効性のある政策を実行する事の方が今の日本には必要だと思います。

オバマ大統領は上下両院総会でアメリカ再建を教育、エネルギー、そして医療に力点を置きながら図る事を表明しました。人間性を回復しながら、国造りを行う事を強調しています。人間性の回復、「おくりびと」のアカデミー賞受賞にもつながるものがあります。日本の国造り、人間性の回復と地方の活性化、軸足はこの二点にあるのではないでしょうか?
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-02-25 22:49