地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

鳩山総理、菅総理に続く総理は民主党の明日を決します。

先の菅内閣不信任案否決から菅総理の退陣時期と次の総理が誰になるのか、皆さんが気にされている事ではないでしょうか?東日本大震災復興基本法は既に衆議院では可決され、17日に参議院で可決成立の予定です。本年度歳出の歳入不足を補う為の特例公債法を1日も早く成立させる必要がある。
菅総理は御自分の政治生命を賭して特例公債法を成立させるようにして頂きたいし、また、私もその実現に全力でぶつかりたい。
党内ではポスト菅を見据えた動きが始まっているが、正直私自身は東日本大震災からの復興に向けて
国民一丸となって取り組んでいる今、代表選挙は行うべきではないと思っています。目差す方向をシッカリ示し、党内の結束を固め、野党と建設的対話の出来る人、誰が考えてもなるほどと思える人を党内一致して選ぶべきである。菅総理の言われた次の世代への橋渡しの出来る方を選びたい。その方の手腕に崖っぷち立っている民主党の将来、日本の政治の将来はかかっていると思う。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-06-12 22:08