地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

現場の皆さんのお話を聞きました。

悲しいニュースが続いている中、21日には震災から9日振り阿部寿美さん(80)と孫の阿部任君(16)が救助された。自宅のあった場所から家ごと100メートル程流された所で救助を求めているのを発見された。奇跡とも言える出来事であり、希望を抱かせるニュースである。
今日、党の農林水産部門会議で農業団体の皆さんの話をお聞きしました。岩手県から来れれた酪農農家の団体の方が燃料不足、加工施設が稼動していない事などの理由で搾った原乳を廃棄しなければならない事、加えて水、食料等が未だに届いていない事など、厳しい現場の状況を話されました。水、食料、医薬品、燃料、衣服など状況は改善されていると聞いていますが、現場の厳しい状況には変わりないようです。支援を待って折られる方も、支援に従事しておられる方も皆さんチカラを振り絞って生活されています。今こそ、国民総力戦で一丸となって被災地域の復興に向かって進みます。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2011-03-23 22:15