地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

議員会館、国会が賑わっています。

各種の全国大会が東京で開かれています。来年度予算が年末に向けて調整されているこの時期、永田町、霞ヶ関を訪れる方の数が多くなっています。現代の参勤交代とも思える所謂「陳情」、先日馬淵国交大臣をお訪ねした際に大臣が皆さんに対して、霞ヶ関に来て頂かなくても必要なインフラを含む国土整備はシッカリ行いますと話をされるのを聞きながら、もっともだと思いました。県知事、市町村長や地方議員、団体の皆さんが要望に来られます。宮崎県は道路、鉄道、港の整備が極端に遅れています。リゾート法案適用第一号で作られたシーガイヤの顛末はご存じの通りです。バブル絶頂期に企画された案件ですが、今は大きな負担となっています。ホテル、ゴルフ場は活用されていますが、海のそばに作られた人工の屋内海水浴場の屋根付きオーシャンドーム、無償でも引き取り手が見つかりません。過去のことはとやかく言いませんが、このドームはどうなるのか、気になります。
立法、行政が現場のニーズに対応出来ない今の状況、私達は一つ一つの課題を丁寧に解決する事を求められています。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-11-18 00:03