地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

羽田空港に到着しました。

週末の地元での活動を終え宮崎発羽田行きの最終便で上京して来ました。午後8時出発の予定でしたが、羽田空港混雑の為、待機を命じられ22分遅れて出発しました。10時前に着きましたが、流石にこの時間帯になると羽田空港も到着便の数は減っています。しかし、それでも沢山の人で到着ロビーは賑わっています。世界のハブ空港競争では遅れを取っている羽田ですが、日本国内では独り勝ち、地方空港の殆んどは建設時に予想した乗降客数より少ない利用客の為、赤字経営となっています。最近オープンし話題になっている茨城空港、自衛隊百里基地との関係を説明されて、赤字でも良いのかと変に納得したり?
公共事業としてのインフラ整備、コンクリートから人への政策転換に手が付けられていますが、1989年のバブル崩壊時にやるべき事でした。20年遅れていますが、やらないよりましであり新しい公共の名の下に確実に社会を変えて行きます。政治主導の社会改革運動を地方から起こして行きます。御支援、宜しくお願い致します。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2010-04-05 22:50