地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

64回目の8月15日

今日は終戦記念日である。(正確には敗戦記念日と言った方が良いのでしょう)
毎年この日が近づくと先の大戦の悲惨さを伝える映像が多く流れる。先日神風特攻隊や人間魚雷回天など今風に言えば自爆攻撃に関する番組があった。誰もがおかしいと思っても言えない当時の雰囲気を伝える番組であった。
祖国防衛の為に殉じた御霊には敬意を表する事は当然ですが、それは過去を美化する事にはつながるべきではないと思います。沖縄戦においては非戦闘員まで巻き込んでの凄惨な戦いが行われた。戦争は肯定する事は出来ない。説明のつかない戦争の例は多々ある。最近ではアメリカのイラク侵略、サダム・フセインとアルカイダとの関係、大量破壊兵器の存在を理由にブッシュ元大統領は戦争を始めた。そして、今の情況、ブッシュ元大統領の犯した人権侵害は糾弾されるべきかもしれない。イラクに侵略するまでのアメリカの動きを見ながら、太平洋戦争へ追い込まれた日本の情況を重ねもした。

過去を云々言うよりも平和憲法を持ち、不戦を誓った国、日本は世界平和に大いに貢献すべきである。武力ではなく、外交や経済関係、そして市民団体も含めた重層的国際関係を展開する事で、日本型平和外交を世界にアピールすべきである。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-08-15 23:15