地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

いろいろ

f0195870_22415641.jpg
新型インフルエンザ、国内感染者が139人となり、大阪府、兵庫県での感染者が増加している。命に係わる問題であり、慎重な対応が必要な事は言うまでも無いが、社会的な影響が大きくなっており、またウイルスが弱毒性ということもあり、適切な対応も求められるであろう。

民主党の新体制については新聞各紙が世論調査を行っているが、鳩山民主党についての評価は後日。

今日、ミャンマーでは民主化運動の指導者であるアウン・サン・スー・チー女史の裁判が非公開で始まった。長年自宅軟禁の状態に置かれていた女史が、軟禁期限の切れる直前になってアメリカ人男性(女史の支援者とも言われていますが、その素性については詳細を知りません)が女史の自宅に不法に入った(家の裏にある池を泳いで渡ったそうですが、、、)という理由で、女史は刑事訴追されました。日本政府もミャンマー軍事政権に慎重に対応するよう要請していますが、ミャンマーの民主化に向けて外交展開する必要あると思われます。(写真はCNNからのダウンロードです。)

16日に行われたクウエート国民議会選挙(定数50)で初めて女性議員が4名誕生した。(人口299万人、有権者38.4万人) 同国では2005年に女性の参政権が認められたが、女性の政界進出が実現した。サウジアラビアを含め、親米派の中東諸国は女性の社会進出を含め民主化の遅れが指摘されている。人権問題にうるさいアメリカがどうして何も言わないのか、不思議な感じもするが、中東での民主化の促進は地域の安定化にも不可欠であり、今回のクウエートでの女性議員の誕生は注目に値する。
[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-05-18 22:43