地域のチカラで、夢をカタチに!   民主党  どうきゅう誠一郎


by seiichiro_dokyu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日之影町議会議員 甲斐徳仁氏

先週地元紙の投書欄に甲斐議員が投稿されていた記事について、同紙のコラム欄で再度紹介がされていた。先週県議会を紛糾させた確約書問題、議長選に絡んだ贈答品問題、氏が書かれたいたように「時代錯誤」とも思えるような事、残念と言うしかない。保守王国と言われている宮崎県でこのような事が起こっている現実、一方で東国原知事を登場させ、参議院選挙では若手の議員を誕生させ、更に県議会でも愛みやざき会派の組成させる政治風土の変化、政治家と言われる人達と有権者の意識のギャップをどう評価すればよいのか。政治が現実から遊離している、言葉を変えれば、政治風土が変化をしようとしているのに、多数の力を使ってその変化しようとする流れを阻止しようとしている勢力の動き、宮崎県政だけでなく、国政のレベルでも同様の事が起きている。もし、政治がこのような事を恣意的に続ける事に腐心すれば、政治は大きな傷を負う事になるのではないだろうか。県民の心の叫びを感じ取れる政治家が求められていると思わざるを得ない。
f0195870_21463379.jpg
f0195870_21465471.jpg
f0195870_21471385.jpg

[PR]
by seiichiro_dokyu | 2009-04-21 21:47